LINK
以前、4年ほど分譲マンションに住んでたことがありました。 立地条件も間取りもまあまあ良く、住み心地が良かったのですが、夫の仕事の関係で、5年目を迎える直前に売却し、手離しました。 現在は戸建てに住んでます。 4年間のマンション生活で思ったのは、ルールをきちんと守ろうと思える人同士なら気持ちよく過ごせますが、 適当に考える人が集まってしまった場合は、トラブルばかりで大変な思いをします。 年に2度の管理組合の総会がありましたが、だいたい「ペット」「騒音」についてのトラブルが議題にあがることが殆どでした。 特に「ペット」に関しては、色々と考えさせられました。 というのは、200世帯弱ある中で、ペット飼育が可能の部屋、禁止の部屋があったのですが、 それを無視して飼ってるお宅が多かったのです。 前に住んでた所で飼っていたペットがいて、希望の間取りのお部屋はペット飼育が禁止だったため、 それによってペットを優先して、ペット飼育可能なお部屋を選んだという人、断腸の思いでペットを手離した人がいる中で、 希望通りの間取りに住みたい、そしてペットも飼い続けたいということで、 ペット飼育禁止の部屋に住みながら犬を飼ってる、というお宅が意外と多くて驚きました。 犬は人間とは違い、様々な理由で吠えます。臭いもありますし、排泄の問題などもあります。 周りのお宅から見れば、「ここはペットを飼ってはいけないエリアなのに、何故犬の無駄吠えやニオイ、毛の散乱に振り回されなくてはならないのか?」と不満が募ります。 それを管理組合の理事に申し立てして、理事の方から該当するお宅に注意の文書を送ったところ、 「犬を捨てろと言うのか?」「処分しろというのか?」「犬も大切な家族なのに」と怒鳴り返された、ということもあったそうです。 私は現在犬を飼ってますが、やはりどうしても吠えます。 毛が抜けて、臭いもあります。 これは犬にとっては当然のことですが、だからといって周りは全て犬に対して寛容でなくてはならない、とは思いません。 やはり世の中には、動物がどうしても好きになれない人もいるのです。 犬を飼うには、それなりの努力が必要だと思います。 なるべく夜間には吠えないように、生活の中で工夫したり、当然ですが、散歩の時は排泄物はきちんと処理する、 必ず外に飛び出さないようにする、勝手に人に飛びつかないように気を配る、 そして最も忘れてはならないのは、周りのお宅に配慮をするということです。 「自分で思い当たらなくても、犬が周囲に迷惑をかけてるかもしれない」という気持ちを常に持ち、 周りにきちんと挨拶などを忘れないことです。 そういう「思いあう」という気持ちがあれば、周りも犬を無下に思うことはないと思います。 そしてルールはきちんと守ることです。 飼い主がルールを守らないのは、犬を苦しめることになります。 マンションなど集合住宅でペットを飼うのであれば、飼い主にはきちんとした自覚と常識を持たなくてはならないと思います。